【痔ーム】メンバー絶賛募集中!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PS3テイルズ4作品の感想+概要
2013-02-28 Thu 16:46
浦井さんの何気ない呟きに僕は全力で答えるッッッ!

PS3でお勧めの戦闘が面白いテイルズと聞かれたら僕は迷いなくGfを推しますが
結構好み割れると思うので4作品についてネタバレしない程度に感想とちょっとした概要を。
※あくまで主観です。参考程度に。PC閲覧推奨



長いので結論を最初に
・シナリオ重視→X2>V≧Gf>X
・戦闘重視→Gf>超えられない壁>X2>V≧X

従来のシステムに近いものをプレイしたい→V
笑いたい→Gf
失笑したい→X
泣きたい→X2

以下は時間があるときにでも軽く眺める程度で大丈夫です。

TOV ~「正義」を貫き通すRPG~
シナリオ
テイルズにしては珍しく主人公のユーリが21歳と成人している。
クレスやスタンのような正統派主人公ではなくダークヒーロータイプ。
人気投票不動の1位であるユーリのイケメンっぷりを存分に堪能することが可能。
D2のカイルの様に冒険を通じて成長するタイプではなく、
成人しているためある程度人格形成ができている。
それもあってか主人公の言動にイライラすることもなく
、シナリオ自体はよく纏まっており楽しめた。
敢えて難癖をつけるなら終盤の展開が若干引き伸ばしの様に感じるくらいか。

TOV_今橋ね
中盤までは何度も親友と対立。


TOV_思いは全てこの剣に
TOV_重なる剣
何度も共闘・対立しながら最終的に
夕日をバックに友情を深める展開は青臭いけど僕は好き。
あ、親友と対立してばかりではなくちゃんと世界の危機も救いますよ。

戦闘
従来通りTP制で、通常攻撃→特技→奥義 の連携も過去作品どおり。
過去作品、特にアビスのプレイ経験があれば比較的すぐ慣れる。
しかしGfのCCやXのACに慣れてしまうと少々もっさり感が残るかもしれない。

その他
パーティメンバーが9人と大所帯だが、非常に個性豊かな面々で、
見ていてストレスを感じるキャラはいなかった。
某アビスの様にギスギスすることもなく見ていて和やか。
メインシナリオやサブイベントで1人1人しっかり掘り下げられている点も良い。
ツンデレリタが見られるのはTOVだけ。

隠しダンジョンの最終ボスは一部でテイルズ史上最強とまで囁かれる強かさ。
「3Dテイルズはごり押しで易し過ぎる」という偏見を根本から否定してくれる。
まあ対策と戦法練れば勝てるんですけどね


TOGf ~守る強さを知るRPG~
シナリオ
主人公のアスベルはユーリとは対象的に正統派主人公タイプ。
主人公の行動や思考に多少の突っ込みどころはあるものの、
シナリオ自体は王道でしっかり纏まっている。
他の作品より恋愛・ギャグ要素が強いため好みによって評価が大きく分かれる。
後日談の「未来への系譜編」は若干ボリューム不足を感じるかもしれないが
本編の量も考慮すると特に全体のボリューム不足は感じない。

戦闘
3DテイルズでGfの戦闘に比肩し得る作品はない、
そう言っても過言ではないくらいにシステムが練りこまれている。
感覚としてはリメDを3Dにして空中コンボの概念を無くしたもの。

CC制の戦闘は非常にスピーディでなかなか飽きが来ない。
新しく導入されたアクセルモードは
キャラクターごとに性能が大きく異なり(時間停止、詠唱時間半減など)
キャラクターの差別化がしっかりできている。

Gfのもう一つの特徴としてどのキャラを操作してもそれほど使いにくさを感じることなく
スピーディで面白い戦闘ができるという点がある。
当然慣れが必要なキャラはいるが、先述のアクセルモードと相俟って
キャラごとに用途が全く異なり、戦略の幅が広い。

スキルのON、OFF機能が無いのが欠点。
具体例を挙げるなら瀕死時に詠唱時間高速化のスキルと
特定条件でHP回復のスキルがかみ合わないなど。
やりこみプレイやコンボ動画でも作らない限りあまり気にする点ではない。
逆に言えばやりこむ場合周回して育て直しを要求される可能性がある。

その他
パーティメンバーの仲は極めて良好。
友人の言葉を借りるならVが「仲の良い他人」ならGfは「仲の良い家族」
恋愛要素もさることながらギャグ要素多く、要所要所で腹筋を壊しにかかってくる。
特に隠しダンジョンはシリーズ屈指のギャグダンジョン。
突っ込み不在の恐怖は必見。

TOGf_リアラ
性女「AUを探しているの」
弟「関わってはいけないタイプの人のようですね・・・」


TOGf_英雄の杖
英雄(生首)
他にもあの手この手で腹筋を砕きに来る。

また、アニメの作画が安定しない。
怒髪兄貴
作画比較
どういう・・・ことだ・・・


TOGf_リアラ(カットイン)
秘奥義のカットインは全員気合入ってて安心。
この差は一体・・・。


TOX ~揺るぎなき信念のRPG~
シナリオ
シリーズ初のダブル主人公・・・なのだが
どちらを選んでも大差ない上ミラ(女性)を選ぶとシナリオの途中で置いてけぼりを喰らって
訳がわからなくなるという致命的欠陥を抱える。
終盤に差し掛かるまでずっと

ジュード「ミラミラミラミラミラミラミラミラ」
ミラ「使命使命使命使命使命使命使命使命」

で非常に・・・非常にストレスが溜まる。
一応最終盤で大きく成長するがそれまで忍耐力が要求される。

TOX_ジュード
※主人公です

敵味方共々意図が掴めない言動が多く、疑問符を抱えながらプレイせざるを得ない場面も。
敢えてフォローするなら中盤までシナリオの展開自体は悪くなかった。
しかし製作時間が足りなかったためかボリューム不足が際立つ。
「え?これで終わり?」状態のプレイヤーも散見される。

戦闘
CCを変化させたACシステムは通常攻撃や術技の枠にとらわれずに
連携できるため自由度が高い。
TP制特有のもっさり感も無くスピーディ・・・なのだが
ボスがこちらの連携中に鋼体を纏った反撃をしてくる謎仕様が
全てを台無しにしている。
ボス戦にコンボの概念は無く、威力が高い技を当てる→ガードor離脱
を繰り返す単調なものになっている。

リンクと言う2人で協力して戦うシステムが導入された。
合体攻撃など映えるには映える・・・が、リンクしたパートナーの動きが非常に宜しくない。
協力秘奥義も1種類しか存在せず中途半端。
また、オーバーリミッツする方法や秘奥義への連携方法などが
リンクシステムを介在しており面倒な仕様になっている。

戦闘中にメンバーの入れ替えが可能な点は評価が高い。

その他
闘技場の歴代キャラ、温泉orプールイベント、サウンドテスト、ムービーシアターが
総じて用意されていない。この点もボリューム不足を感じさせる。

主人公以外のパーティメンバーの掘り下げが少なく、
パーティにいる理由が非常に弱いキャラもいる。

フィールド探索が面倒の一言に尽きる。
同じ形のフィールドを無数に散らばった探索ポイントを調べながら
進む作業はストレスが溜まる。

アタッチメントを編集できるようになってキャラの見た目をより自由に弄れるようになった点は大きい。

エリーゼ1
アニメ作画は素晴らしい。


TOX2 ~選択が未来を紡ぐRPG~
シナリオ
TOXの借金を全て返済した作品。
テイルズはシナリオ終盤に展開がグダグダになりがちだがクライマックスに行けば行くほど盛り上がる。
シナリオの出来は全テイルズを通して1番だと思う。泣きたいならTOX2で間違いない。

続編だが、前作をプレイしていない人のためにダイジェストムービーが用意されているため安心。
TOXをプレイしていなくても大丈夫な仕様になっている。

ジャンル通り「選択が未来を紡ぐRPG」であり、事あるごとに行動や発言の選択を迫られる。
自分で行動を選択できるため主人公の行動に違和感を覚える回数は激減した。

CERO:Cであるため少々重い話やグロテスクなシーンがある。

TOX2_串刺しβ
※真ん中で串刺しになってる子はヒロイン(8)

なお、1週目は主人公に感情移入しやすいよう、敢えて主人公のボイスが少ない仕様。

戦闘
こちらもTOXの残念ポイントをほぼ全て改善してある。
リンクしたパートナーのAI、ボスの割り込み、協力秘奥義etc...
戦闘もかなりスピーディーでテンポが良いがGfには劣る。
(必須スキルであるマイトチャージ3の発動時間が長くテンポが少々悪い)

主人公のルドガーの性能が異常。
双剣、ハンマー、双銃を瞬時に切り替えられるオールレンジ対応な上
変身して一定時間無敵になり一方的に敵を攻撃できる。

TOX2_外郭β
まさかこれほどとは・・・

パーティを固定されることが多く、編成の自由度がない。

その他
主人公以外のパーティメンバー全員にエピソードが用意されており、
前作と違い深く掘り下げられている。

相変わらずムービーシアターやサウンドテストは無いが
歴代キャラや温泉が追加されている。

TOX2_温泉β
相変わらず公式が病気

TOX2_環β
ルドガーの幸薄さが半端ない。どこぞの高校生執事を髣髴とさせる。
スポンサーサイト
別窓 | テイルズ全般 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2万5千円をリリースして思い出をアドバンス召喚! | かめにっき(♂) | 正直雪なんか見てもロマンチックとか言う発想には至らない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| かめにっき(♂) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。